建物共済
トップ火災共済総合共済支払いについて臨費なし掛金表臨費あり掛金表

建物共済

支払いについて〜臨時費用担保特約なし

充実した各種共済金、損害共済金以外にも幅広い補償でさらに安心

残存物取片付け
費用共済金
特別費用
共済金
損害防止費用
共済金
地震火災費用
共済金

損害共済金の10%以内(実費限度)で支払います。

損害共済金の10%を支払います。(1棟につき200万円を限度)

損害の防止・軽減のために支出した費用があったときに支払います。

契約金額の5%を支払います。

事故になった場合は、取り壊し費用、取片付け清掃費用及び搬出費用として支払います。 自然災害以外の事故で全損した場合は、特別に要する費用(仮住い費用)を支払います。 消火に使用した消火薬剤の詰め替え費用等。 地震を原因とする火災が発生し半焼以上となった場合、緊急に必要となる諸費用の一部を補完するために支払います。
新価特約 失火見舞費用共済金
再建築価格(同じ物件を現在立て直すのに要する費用)まで補償されます。なお、新価特約は家具類等を含む全物件対象となっております。 1被災世帯当たり20万円を支払います。
(※ただし、共済金額の20%に相当する金額を限度)
加入者建物の火災等で隣家へ損害を与えた時に支払います。

共済金のお支払い例

●全焼の場合(建物の評価額:2,000万円/加入額:2,000万円)

損害共済金   取片付け費用共済   特別費用共済金   支払い共済金
2,000万円 200万円以内 200万円 2,400万円

●部分焼の場合(建物の評価額:2,000万円/損害額:400万円)

 【全部(2,000万円)加入の場合】

損害共済金   取片付け費用共済   支払い共済金
400万円 40万円以内 440万円
(損害額を限度)        

 【一部(1,000万円)加入の場合】

損害共済金   取片付け費用共済   支払い共済金
250万円 25万円以内 275万円
( 損害額 × 加入学 評価額×80% )
       
評価額いっぱいの加入をおすすめします。

落雷が共済事故のトップ

NOSAIの火災共済では、落雷による家屋の損壊や電化製品の損害についても被害の対象になります。


●落雷による電気製品被害ベスト3

1位 テレビ 2位 電話 3位 エアコン

●支払い例

落雷でテレビが故障し修理代が、7万円家具類の評価額が家族4人で、1,595万円のとき
※加入額(加入割合)によって支払い額が違ってきます。

支払い例図

●加入例(火災共済)

加入される物件が50坪で、今建てると坪当たり60万円かかる木造住宅で、4人家族の場合

建物・家具類とも新価で補償がうけられます。もしものときは
建物 家具類 建物・家具類合わせて安心

3,000万円

1,595万円

4,595万円

再取得価格 
60万円×50坪
共通家具類  725万円
夫婦家具類  730万円
小学生2人  140万円
年間38,139円掛金
1日にすると104円

●他社へ2,000万円加入しておられる場合は…

 
 
評価額   他社への保険加入額   安心のためのNOSAI加入
おすすめ額
4,595万円 2,000万円 2,595万円
 
 

おすすめ額2,595万円が安心のためのNOSAI加入おすすめ額となります。
加入額が不足しているようでしたら、ぜひNOSAIの建物共済に増額して満額加入しましょう。

pagetop
Copyright(C)2009 NOSAI-North Saitama. All Rights Reserved.